top of page

理想のヒップを作るうえで大切なこと

こんにちは!コンフィード代表深町です(^-^)


今回のお話はお尻について。


特に女性の方、すべてと言っていいほど気になっている部位ナンバーワンではないでしょうか。


お尻を鍛えるエクササイズはたくさんあり、今ではネットやYouTubeなどで簡単に情報を入手する事ができますので自主トレに励む方も多いのではないでしょうか(^-^)


お尻の筋肉と言えば殿筋。『大殿筋・中殿筋・小殿筋』


この3つが挙げられます。


この殿筋群を鍛えれば良い、という簡単な話ではありません。


ネットやYouTubeではエクササイズのやり方は教えてくれますが、それが果たしてその方の身体に合うのかどうかまでは教えてくれません。


そう、合う合わないがあるのです。


付け足すと、できるできないがあるのです。


全人類健常者であればほぼ同じ骨と筋で身体は構成されています。ただ、違うのは筋肉の柔軟性・筋力、関節の動き、モーターコントロール(自身でイメージ通りに動かせるかどうか)は各々異なるのです。


異なりがあるため、O脚だったりX脚だったり反り腰だったり骨盤後傾による垂れ尻だったりするわけです。


その不良アライメントが生じていたまま、間違ったやり方で殿筋群を鍛えてしまうと、


理想とは違った体型になる&何らかの痛みの発症となりうるのです('Д')


一番多い、鍛えているけど綺麗なお尻にならない例をお伝えしましょう。


Aさん / 垂れたお尻がコンプレックス / 姿勢は猫背&骨盤後傾

 ➡YouTubeやネットを観て覚えたエクササイズを真似て、ジムで週2~3回鍛える

結果

 ➡少しはお尻が固くなってきた感じがあるが、まだまだ上がった感じはしない。

  中殿筋は鍛えられるが、大殿筋が鍛えられない。お尻と脚の境目が気になる。

  ガニ股歩きになっているの友人に指摘された。


など、1例ではありますがこういった方も多いと思います。


YouTubeやネットの情報が間違っているということではありません。どれも有効なエクササイズです。


ただ、すべて応用なのです('Д')


基礎ができていないのに応用するとエラーがたくさん出てしまう方が多いのです('Д')


ではお尻をプリっとさせるための基礎とはどういったものがお伝えしていきたいと思います(^-^)


① まずは骨盤を正常な位置に戻すこと

② 猫背を改善する事。

③ 大腿骨を正しい位置に戻すこと(小殿筋を鍛えること)

④ 大殿筋をガッツリ鍛えましょう。

⑤ 中殿筋は適度に鍛えましょう。


こんな感じですね(*^-^*)


①~③がとても重要。ですがとても難しいです。なのでプリ尻にしたい場合は1ヶ月でも良いのでパーソナルトレーナーをつけることをお勧めいたします。


それに伴い、トレーナー選びも大切です。体験や1回目のセッションから高重量やスクワットをさせるトレーナーはNG。身体のアライメントからきちんと評価してくれるトレーナーを選びましょう(*'ω'*)


正しいアライメントを学び、適切なエクササイズを選定しぜひプリ尻を手に入れてほしいと思います!




#コンフィード泉野出町店

#フィットネスカフェロコ

#金沢市ジム

#金沢市パーソナルトレーナー

#金沢市総合体育館

#エニタイムフィットネス金沢有松店

#女性特化型パーソナルジム

#健康

#美姿勢

#美尻


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page